自分で使う財布を探すときには、何を重視するかで悩むかもしれません。デザインや素材などを考慮して、見栄えや耐久性を重視することもできますが、普段からの使い勝手を考えるのも重要でしょう。財布の種類を知っているとその判断がしやすくなります。

大まかに分ける財布の種類

財布の種類は、細かく分類していくとキリがありません。お札も小銭も入れられる財布という大枠で考えて、さらにそれを使い勝手の点から、大まかに分けるとレディース・メンズに関係なくおよそ三種類に分類することができます。長財布、二つ折り財布、ファスナー財布の三種類です。長財布はお札を折らずに使えるようになっているのが特徴であり、かぶせ蓋を仕様として持っているものが多いでしょう。二つ折り財布はその名の通り、お札を入れると二つ折りにするようなサイズになっている財布です。ファスナー財布は閉じ方がファスナーになっていて、周囲を一周する形でファスナーが取り付けられているのが一般的です。このような三種類について、大まかに比較してみると選びやすくなるでしょう。

三種類の財布の特徴

長財布の特徴は薄いという点であり、ビジネスパーソンが好むことが多い財布の一つです。小銭があまり入らないため、別に小銭入れを持つ人もいます。しかし、カードなどの収納は十分にあって、普段から持ち歩くには懐に入れてもあまりかさばらないのが魅力として、特にレディースからの人気が高い財布です。スタイリッシュで、良い印象を持ってもらいやすいのも特徴でしょう。二つ折り財布は、厚みはできてしまいますが、小銭も入れやすくなっていて内側に収納が多く取りやすいメリットがあります。ズボンのポケットに収まりやすいことが使い勝手に大きく影響する点です。ファスナー財布は安全性に優れているものであり、財布を取り出したときに中身がこぼれ落ちてしまうリスクがありません。サイズも様々なのでニーズに合ったものを選べるでしょう。

多機能な財布に注目するのも賢明

財布を選ぶときには、大まかにはこの三種類から選ぶことになるでしょう。しかし、より高い機能が充実している財布にレディースは目を向けるものです。より高い収納力を求めて三つ折り財布を利用したり、中身の取り出しやすさやおしゃれさに着目してデザインに凝ったがま口財布を選んだりすることもできるでしょう。機能性を求めているものの中には長財布や二つ折り財布の形状を持っていて、外側にすぐに取り出せるカード入れが付属しているものもあります。使い方を先に考えてから種類を選ぶという考え方を持つと、欲しい機能が浮き彫りにされてくるでしょう。大まかな分類を決めてから細かな機能をみていくと簡単に使い勝手の良いものを見つけ出すことができます。

Epoiが手掛けるレザーグッズは多彩な組み合わせの中からお選びいただけます。 老舗メーカーで作った革製品をぜひあなたの手で実感してください。 クロコダイルは艶加工(グレージング)、セミマット仕上げ、マット仕上げがございます。 プレゼントはEpoiオリジナルのリボンでとめてペーパーバッグに入れてお届けします。 Epoi(エポイ)では上質な革を使用したレディースの革製品をご提供しております。 革にこだわったレディース財布をチェック